DO IT ! 自己創造

 青年期の課題としての≪自分探しの旅≫にこだわりつづけ、自分探しの旅をみんなで共有し、サポートし、学び合って相互に自己創造の道筋を開示して行きます。

2017-08

木枯らしや独りの道に果てはなし





木枯らしや独りの道に果てはなし


★ 瘋癲老仁妄詩 11801

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

木枯らしや独りの道に果てはなし

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――



木枯らしの吹く季節になります。

 不要なものは落とし、
 過剰は慎み、
 身軽になって、
 冬を越す知恵を
 命は備えているんですね。

 そして、再生の春を迎えていくんですね。


 老仁も命に学び、
 冬を迎えようと思います。

 けれど、人生の冬には、
 再生の営みも夢も、ない。

 そう気がつきました。


 独りで産まれ、
 独りで死んでいく。

 厳粛な事実です。


 独り道・・・




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




妄詩の世界で、
 観自在、

 幻視する世界を創りだしていきたいと思っています。


 幻視する・・・


 イメージできることは、存在する。


 酔芙蓉をイメージすることができるように、
 愛呼をイメージすることができます。

 イメージされた愛呼は
 イメージするように現れるし、
 そのうちに、
 そうなんです、
 愛呼のイメージ自身が自由に湧いてきたり、
 自在に展開していくんです。

 そのイメージを言葉で捉えることは難しいこともありますけれど、
 言葉で把捉して、
 愛呼をすこしでも、
 人に伝わるイメージにできればと願っています。


 人にとっては、
 小説を読むときのように、
 フィクションとしてのイメージになるのでしょうけれど、

 ともかくも、イメージとして共有できるようになっていくことを願います。


 共有されて、
 愛呼があなたのひとつになっていく日もあるかもしれないと・・・





やわらかく、ゆるやかに




〇-----*****************************************-----〇

★★★ 『 粧いし山や素顔の愛呼立つ 』 ★ 瘋癲老仁妄詩 10202
♪♪♪ 

★★★ 『 恍惚を秋の蝶より賜りぬ 』 ★ 瘋癲老仁妄詩 2606
♪♪♪

★★★ 『 幾たびも飛鳥に戻る心根を愛呼と共に故郷の火とせん 』★ 瘋癲老仁妄詩 3302
♪♪♪  

〇-----*****************************************-----〇







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jsozo7.blog2.fc2.com/tb.php/158-f9e8a5e8

木枯らしや独りの道に果てはなし

★ 瘋癲老仁妄詩 11801――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――木枯らしや独りの道に果てはなし――☆★☆―――――――――――――――☆★☆―― 木枯らしの吹く季節になります。 不要なものは落とし、 過剰は慎み、 身軽になって、 冬を越す...

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

風間翔

風間翔

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad