DO IT ! 自己創造

 青年期の課題としての≪自分探しの旅≫にこだわりつづけ、自分探しの旅をみんなで共有し、サポートし、学び合って相互に自己創造の道筋を開示して行きます。

2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親と向き合う、親を語る その4

うちは何か普通に
親と学校や友達関係のこととか話しちゃう
by泰涼
 親とは今でも・・・仲・・・良いかな!?
 もう僕は16歳・・・!普通の子どもならとっくに親とほとんど会話せず、ただ単に一緒にいる存在になっていると思う。けれどうちは違う!うちは何か普通に親と学校や友達関係のこととか話しちゃう。親が精神年齢が低いだけかもしれないけれど・・・これは親と会話するという面でいいことなのか。それともまだ親離れしはじめてないという意味で悪いのだろうか・・・?!

☆☆☆
 泰涼さん、親と話せる関係いいね。今とても大事なことになっているよ。15歳の犯罪多くなっているからね・・・。それに親の子ども虐待が25%増えているんだって・・・。EXISTENCEしていないんだよね、子どもも親も・・・。
 子どもと親がちゃんと話せるというのは子どもと親がきちんと人間として、対等に、向き合えると言うことだよ。子どもを一人前の人間として向き合う、つき合う親が少なくなっている。親を一人前の人間として学びの対象にし、道しるべにする子どもが少なくなっている。
 これからは子どもと親が人間として対話して、人生を語り、政治を語り、おかしい世の中にはNO!と言える関係を創りだし、お互いに人間として成長していくファミリーを創りだしていけるようにしようね。泰涼さんの家族関係をもっと豊かにして、人にも伝え、広げていこうや。

【↓↓ 感想・コメント・メッセージ ↓↓ MAIL aoyagijin23@yahoo.co.jp】
文芸投稿広場 URL; http://www2.saganet.ne.jp/mr2310/  詩を投稿しようね
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jsozo7.blog2.fc2.com/tb.php/78-a3caf588

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

風間翔

風間翔

FC2ブログへようこそ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。